使い方が良くわからない?ワゴンの使い方5選

ビンテージ北欧家具のジャンルの一つにワゴンがあります。一般的にキャスターがついていて上下2~3段に分かれ、主に物を運ぶときに役立つ可搬式家具です。日本語で言うと配膳台になるのでしょうか。学校の給食のときに運んだステンレス製のワゴンの記憶がよみがえりますが、北欧家具のワゴンはチークやオークが中心。タイルトップやガラストップのものも見かけますね。

こちらのワゴン、確かに主たる用途としては物を運ぶことなのですが、それ以外にもいろいろ使い方やコーディネートの仕方もあるかと思います。いくつかご提案してみますので是非参考になさってください。

ワゴンの使い方① ダイニングテーブルの一部として利用する

北欧家具のダイニングテーブルは伸ばせるものがほとんどですが、延長機能がついていないダイニングテーブルなどの横に設置して、延長用の補助的なテーブルとして使うことができます。ダイニングテーブルが小さい時やちょっとスペースが欲しい時、食後の後片付けのときにも役立ちそう。

キャスターがついていますので、移動も楽ちんです。食後のコーヒーやデザートなどワゴンで運んでくると気持ちもあがりますね。

ワゴンの使い方② ベッドサイドで使う

北欧家具の中でいわゆるベッドサイドチェストという小さめのチェストがありますが、それに代わってワゴンもベッド横で使えます。一般的なベッドサイドチェストと比べるとワゴンは高さがありますので、高さのあるベッドをご利用の場合は、ワゴンの方が高さが合うかもしれません。引き出し付のベッドサイドチェストのように物は隠せませんが、大きめのものも収納できますので、本を収納したりテーブルランプを設置するなど工夫次第でいろいろコーディネート出来そうです。

ワゴンの使い方③ サイドテーブル、コーヒーテーブルとして使う

ソファ前に設置しているコーヒーテーブルが低い場合は、体を起こしてコーヒーテーブルの上のものを取る必要がありますが、高さがある程度ある一般的なワゴンをソファの横に設置すれば、背もたれにもたれかかったまま体制を崩すことなく簡単にワゴンの上のものに手が届きます。

わざわざ体勢を起こす必要がなく、リラックスしたままコップなどに手が届きます。これがけっこう便利です。飲み物や食べ物を載せたワゴンをソファの横に設置して、ソファでくつろぎながら過ごすなんて想像するだけでなんだかわくわくします。

ワゴンの使い方④ 収納棚・飾り棚として使う

ワゴンは物を持ち運びするのがメインですが、もちろん収納棚として使えます。構造的には小さめの背板がないシェルフみたいになっていますので、植物や置物などをディスプレイしたり、もちろん日常使うものを置いておいたりいろいろ活用できます。キャスター付なので移動も簡単、掃除も楽ちんです。

ワゴンの使い方⑤ キッチンにて補助的に使う

キッチンにて盛り付け皿として簡易的に使うこともできます。盛り付けできたらそのままダイニングへ持っていけます。ワゴンで料理を運ぶとなんだか料理もおいしく感じそうです。北欧家具のワゴンはチークやオークなどの木製が多いので、水シミなどを気にされる方はタイルやガラストップの物がおすすめ。

実はいろいろ使い道があるワゴン

ワゴンはキッチンからダイニングまで物を運ぶだけではなく、実はサイドテーブルになったり収納棚になったりいろいろ活用の仕方があるかと思います。いろいろ使い方を考えるのも楽しいですね。ぜひ活用してみてください。

ご紹介のワゴンはこちらから

ワゴン

ヨハネス・アンダーセン ワゴン

 

北欧家具tanuki 北島

ネストテーブルの使い方とは? 4つのポイントでまとめました。

ビンテージの北欧家具を扱っていますと店頭にてよく聞かれることの一つにネストテーブルの使い方があげられます。買付の際、良いデザインのものがあればよく買い付けるのですが、日本ではあまり見かけない家具なので、小さめの椅子?とよく間違われます。そういう機能を持ったテーブルもあるのですが、基本的にはテーブル。座ると壊れますのでご注意。ビンテージ北欧家具によく見られるネストテーブルの特徴をあげてみます。

■まずネストテーブルとは

ネストテーブルは英語でいうと、『Nesting table』『Nest table』と表記されるのが一般的。ネスト(Nest)は『入れ子』や『一揃い』という意味があり、文字通り一般的には大中小同じ形のものが3つセットになっているものが多いです。また、大きいテーブルに同じサイズの小さいテーブルが2つセットになっているものや、折り畳み式のテーブルが収納された特殊なものなどいろいろ種類があります。

こちらはイギリスのG planのネストテーブル。四角い脚が特徴。

こちらはデンマーク製のネストテーブル。丸い脚がかわいいですね。

当店ではデンマーク製のものと、イギリス製ではG planやercol社のネストテーブルをよく買い付けます。ネストテーブルは北欧家具以外にも存在しますが、ビンテージの北欧家具はやはりシンプルで飽きのこないデザインのものが多く、いろいろなお部屋の雰囲気に合わせやすいと思います。

■ネストテーブルの美しさ

当店でよく買い付ける北欧ビンテージ家具のネストテーブル。まずはその見た目の美しさも魅力の一つ。3つ並べたときの美しさにほれぼれしてしまいます。商品を紹介するページでもついついその美しさをお伝えしたくてたくさん掲載してしまいますので、ここでもたくさん載せたいと思います。

 

 

普段使わないときでも、こんな感じで置いておきたいです。まさに実用的な彫刻作品とも言えます。

■ネストテーブルの実用性

このネストテーブル、よく使い方を尋ねられます。もちろん使い方は自由なのですが、参考までに使い方をご紹介いたします。
①重ねた状態でそのまま使う。

小さいサイドテーブルとしてちょっと使いたいとき。重ねた状態でそのままもちろん使用可能です。ソファー横にちょこんと置いてもかわいいですね。
②3つ並べて使う。

たとえば3人掛けソファーの前に並べて設置。するとコーヒーテーブル替わりとして十分使えます。大きめのコーヒーテーブルを常に置いておくスペースがない時や、お部屋をフレキシブルに使いたいときに役立ちます。収納時は小さいテーブル一つ分、実用的には大きめのコーヒーテーブルと変わりませんので、実はとても実用的な家具です。
③それぞれ別々のところで使う。

たとえば小さいテーブルを玄関先、中サイズをベッドサイド、大サイズをソファ横などいろいろな場所で活躍してくれます。サイドテーブルをもしいくつかお探しであれば、3つセットになっているネストテーブルは価格もお得感がありますね。
④並べてディスプレイする。

空間に余裕があればこんな風に飾ってディスプレイしてみたいものです。並べただけでもとても画になります。

■ネストテーブルの選ぶポイント

ネストテーブルはデザインもさまざまなので、サイズやデザインでお気に入りのものを見つけていただくのが良いと思いますが、それ以外の要素に持ち運びのしやすさがあります。種類によって小さいテーブルが大きいテーブルのレールに収納され、上のテーブル一つを持てばまとめて持ち運びできるものと、単に重なっているだけで、まとめて持ち運ぶときはすべてを手で支えないと持ち運びできないものがあります。小さな違いですが、レールなしのものはまとめての持ち運びに少し気を使わなければいけない反面、レール付のものはとても持ち運びしやすいので、こちらも選ぶ一つのポイントです。種類によってはタイルトップのものもありますので、水分を気にせず使いたいのであればタイルトップもおすすめです。

こちらは収納時それぞれが独立しており、持ち運びにはまとめて持つ必要があります。レールがない構造は見た目はすっきりしますが、少し持ち運びに気を使います。

こちらはレール付のネストテーブル。持ち運びは簡単です。

ビンテージ北欧家具の中ではメジャーな存在のネストテーブルは日本ではあまり馴染のない家具ですが、実は美しさと実用性を兼ね備えたテーブル。サイドテーブルをお探しの方は是非ご検討ください。

現在掲載中のネストテーブルはこちら

ヨハネス・アンダーセンのネストテーブル

ヨハネス・アンダーセン ネストテーブル

スタイリッシュで美しいデザインの一品。

→ハスレヴ ネストテーブル

彫刻作品のような佇まいです。美しい。

→ネストテーブル

丸い脚がかわいいネストテーブル!

→ネストテーブル

パレット型の天板がかわいいネストテーブルです!

 

北欧家具tanuki 北島

webショップはこちらから

ビンテージ北欧家具のダイニングテーブルの選び方 7つのポイント

お家のインテリアの中でも実用的で使用頻度の高いダイニングテーブル。毎日、ひょっとすると一生使うものですし、使用環境とダイニングテーブルの仕様によっては生活の導線にも大きく影響するものですので悩まれる方も多いかと思います。当店でもビンテージ北欧家具のダイニングテーブルの選び方をご相談される方も多いので、ここでまとめてみようかと思います。

■ビンテージ北欧家具のダイニングテーブルの特徴

北欧では冬の間は日が短く、家の中で過ごすことが多かったため、シンプルで飽きのこないインテリアのデザインが必然的に発達しました。そんなデザイン黄金期真っ只中に生まれた当時の北欧家具のダイニングテーブルの特徴は大まかにいうとシンプルで細身、エッジは丸いものが多く、脚は基本的に丸足で先窄みで軽い印象、角脚でも角は丸くなっていて、とてもすっきりとして且つ柔らかい印象。木の質感を楽しむことができるので、私店長が自宅で使っているビンテージのダイニングテーブルの手触りのよいすべすべしたところをいつも手ですりすりしてしまいます。

いきなりちょっと話がそれましたが、ほとんどのダイニングテーブルは天板を延長することができ、標準的なダイニングテーブルで8人まで座れるものが主流です(延長機能がすごいダイニングテーブルは20人座れるぐらい大きくなるものもありますが、そんなお部屋なかなかないですね)。片側だけ伸ばして6人掛けにするなど、状況に応じて使い分けができるのでとても便利(店長の家ではキッチンの作業スペースが狭いので、延長用テーブルを出して、そこで下ごしらえなんかしています。とても便利です)。

デンマークではたくさん人が集まって過ごす文化、必然的に延長できるダイニングテーブルがデザインされたのでしょう。当店でもたくさんのダイニングテーブルを扱ってきましたが、同じように見えても、それぞれ微妙にデザインが違っており、選ぶ楽しさがあるのも魅力。ぜひお気に入りの一台を当店で見つけていただければと思います。

■ビンテージ北欧家具のダイニングテーブルの素材

当店ではデンマークのビンテージ家具をメインに扱っていますので、材はチーク材がメイン。チーク材は元々船の甲板にも使われる水に強い木材。良質なオイルを含み、耐久性もあり、高級家具に多用されてきました。現在ではチーク材の値段が上がっていますので、現行品の家具でチーク材で製造していた商品が生産中止になったり、他の材に切り替えられたりしていますので、ビンテージで買った方が安いなんて場合もあります。そもそも、40~50年前に造られた当時使われた材はその時点で何十年も寝かせて乾燥させた材なので、現在では手に入らない巨木からしか出ない木目が使われていたりと、その材自体に価値があったりしますので、そのあたりにも思いを馳せられるのも魅力の一つです。

チーク材は美しい色味と木目が特徴で、日本の住宅や和室にもあう色合いですので、まず間違いない材だと思います。その他にも白っぽい材のオーク材、上品な木目と魅惑な色味のローズウッド材もあります。もちろん色味のお好みはあるかと思いますが、通常オイル仕上げをしている当店としましては耐久性と美しさを兼ね備えたチーク材がおすすめです。

■ダイニングテーブルの形

ビンテージの北欧家具のダイニングテーブルはおおまかに『長方形』『正方形』『円形』『楕円』に分けられますが、お部屋の形や使用環境によって選び方もさまざまかと思います。

・長方形

通常であれば4人同時に座れますので、ご家族が4人前後ですとおすすめです。
ビンテージのダイニングテーブルで最も一般的な形です。設置するお部屋が長方形の場合はダイニングテーブルと壁との間を一定の距離保つことができるので、導線を確保するためにも便利な形。通常は長い方向に伸ばせるものが主流です。

ご紹介のテーブルの詳細はこちらから

・正方形

1~2人暮らし、少人数での使用、狭いお部屋での使用に適しています。延長すれば4~6人掛けもできますが、収納できる椅子は2脚までです。
正方形もサイズがさまざまなのですが、最低でも80cm角ぐらいからになるかと思います。100cm角のダイニングテーブルもありますので、サイズによっては長方形のお部屋に設置すると幅が狭い方向のダイニングテーブルと壁との空間が確保できなかったりしますので、ご検討の際はお部屋のサイズを良くご確認されることをおすすめします。一辺を壁に付けて使用するなどの使用の仕方も考えられます。また、そのダイニングテーブルや使う椅子によっては、椅子を収納した際に天板下で椅子が当たりすっきり収納できなくなる場合もありますので、ご使用の椅子との兼ね合いもご確認ください。

・円形

 

こちらは通常4人掛け、延長して6~8人掛けが主流。丸いダイニングテーブルは、柔らかい印象を与えてくれるので、憧れている方は多くいらっしゃると思います。ただ、こちらも直径が120cmからのものが多いので、こちらもお部屋の形によっては狭い空間も出てきてしまうかと思いますので、じっくりご検討ください。

ご紹介のテーブルの詳細はこちらから

また、通常、長方形や正方形のダイニングテーブルは延長用の天板が内蔵されていることが多いのですが、円形は内蔵ができず、別にとっておく必要があるものもありますので、収納場所との兼ね合いもチェックポイントです。写真のように延長用天板内蔵型の丸ダイニングテーブルもありますので、お探しの方はご連絡ください。

・楕円

長方形の角を丸くしたような形のダイニングテーブル。長方形や正方形のように微妙に対面することなく座れるので、圧迫感がなくリラックスして使えるのも魅力の一つかもしれません。長方形と円形のいいとこどりのようなダイニングテーブルです。

ご紹介のテーブルの詳細はこちらから

■ダイニングテーブルの脚の間隔

これまでいろいろなダイニングテーブルの形を見てきましたが、そのダイニングテーブルのサイズや形によって座り方もさまざま。特に影響を受けるのが脚の間隔です。正方形であれば脚の間に一人しか座りませんので自分の空間に余裕がありますが、長方形のダイニングテーブルで脚が四隅について2人並んで座る場合、その脚の間隔次第で座った時の隣の人との距離感が決まります。場合によっては窮屈に感じるかもしれませんし、また、幅の広いチェアですと入らなかったりしますので、ダイニングテーブルをご検討の際は、その距離感と使用するチェアを是非考慮してご検討ください。

ダイニングテーブルによっては天板中央に脚があり、座る場所を選ばないものもありますので、ゆったり座りたい方はそのようなダイニングテーブルをおすすめです。

こちらはやや間隔が狭めなダイニングテーブル。2人並ぶと少し窮屈そうです。

こちらは脚の間隔が広めのダイニングテーブル。余裕があります。

 

■ダイニングテーブルの高さ


こちらも重要な要素の一つ。当店で扱うビンテージ北欧家具の高さは73cm前後が主流。日本の規格品に比べると3cm前後高いものが多いです。ダイニングテーブルの適正な高さの調べ方は下記の数式を使用します。

差尺=座高÷3-2cm

差尺とはチェアの座面と天板の高さの差のこと。
チェアの高さが43cmの場合は、この差尺を足した数値が適正なダイニングテーブルの高さとなります。
座高は身長に0.55を掛けて算出できますので、
たとえば身長160cmの方の場合、

160cm×0.55÷3=29.3cm
29.3cm-2cm=27.3cm

仮にチェアの高さは43cmとすると、
43cm+27.3cm=70.3cm
となります。

170cmの方ですと大よそ差尺が29cmなので72cmほどになります。

ビンテージの北欧家具のチェアであれば座面の高さが43~45cm前後が多いので、
これに合わせると70~73cmぐらいがちょうどよい高さになるかと思います。

とはいえ、実際に座ってみるのが一番よいかと思いますのでご参考までに。
また、脚を組む方は天板下の空間をぜひご考慮下さい。
今まで使っていたダイニングテーブルの高さと同じにするなどすれば違和感はないかと思います。当店ではもしダイニングテーブルの高さが高い場合は無料で脚のカットを行えますので、高い分には低くすることは可能です。ご遠慮なくお申し付けください。

■ダイニングテーブルの仕上げ

家具にはさまざまな仕上げ方法ありますが、特にご要望がない限り当店ではオイル仕上げをおすすめしております。
・オイル仕上げ
塗膜を作らず木の質感を活かした仕上げ方法です。ウレタン塗装などと比べ耐水性は落ちますが、その分木本来の質感を楽しめ、定期的にオイルを塗布するなどメンテナンスを行うことで愛着も沸くかと思います。水分を付けっぱなしにしてしまうとシミになる場合もございますが、それも味をとらえれば使い込むのも楽しくなるかも知れません。
・ウレタン仕上げ
オイル仕上げとは違い強靭な塗膜を作り、水分など浸透を防ぐため、絶対に天板にシミをつけたくないという方はこちらがおすすめ。ただ、木の質感は失われ、オイル仕上げのようにメンテナンスが簡単にできません。
どちらも一長一短ありますが、当店としてはオイル仕上げがおすすめです。

 

■ダイニングテーブルに合わせるチェア

使用上の注意点は先のダイニングテーブルの高さの項目にて記載しましたので、ここではファブリック選びについて書いてみます。

ダイニングテーブルに合わせて新たにチェアも新調される場合、ファブリックの組み合わせ次第でダイニングセットの印象も変わってきます。

使用するダイニングチェアのファブリックの色をそれぞれ変えてみてもかわいい雰囲気になりますし、同じチェアで統一してもすっきりとしてシンプルな空間になります。

色使いなどに悩まれましたら是非ご相談ください。

ヨハネス・アンダーセンのダイニングテーブルとハンス・j・ウェグナーのCH-29のセット。ファブリックの色はバラバラですが、カラフルでかわいらしい雰囲気ですね。

こちらはモラーのチェアをセット。ペーパーコードで落ち着きのある雰囲気に。統一感もあってシンプル目の雰囲気がお好きな方にはまりそうです。

 

 

■ダイニングテーブルの注意点

当店で扱うビンテージのダイニングテーブルは通常はオイル仕上げをしております。前項にも書きましたが、水分に強いとは言えません。また、熱い飲み物を入れたコップなどを置くとそれだけで白っぽくなることもあります。もし、シミなどをつけたくないようであれば、コースターやランチョンマットをご使用ください。またもしシミなどがついてしまった場合は軽く紙やすりなどでサンディングしたあとオイルを塗布することでシミを消す、または目立ちにくくすることもできます。もし詳しく知りたい方は当店までご連絡ください。また、家具全般に言えることですが、直射日光はさけていただければと思います。場合によっては反りが出たり色あせが発生したりします。

■ダイニングテーブルのメンテナンス

通常のお手入れは固く絞った布巾などで拭いていただいて構いません。ダイニングテーブルの使用環境によりますが、気になる方は年に4~5回メンテナンス用のオイルを塗布してもよいかと思います。

当店では店頭でも販売しているリボス社のビボスオイルをおすすめしております。天然の素材を使用した環境にも人もやさしいオイル。塗布の仕方も簡単で他の家具全般にお使いいただけます。

■いろいろ悩むのも楽しみのひとつ。

家具選び、特に使用頻度の高いダイニングテーブルは悩みどころの一つかもしれません。当店としてもぜひ末永く使っていただきたいと思っておりますので、何かご相談がございましたら是非ご相談ください。当店では常時たくさんのダイニングテーブルをストックしておりますので、使い心地などお試しいただけます。ぜひご遠慮なくご来店くださればと思います。

 

掲載中のダイニングテーブルはこちらから

 

北欧家具tanuki 北島

http://www.hokuokagu-tanuki.com/

ヨハネス・アンダーセンの家具たちの魅力

当店でも良く扱う、というよりも私が好きで現地で見つけるとよく買い付けてしまうヨハネス・アンダーセンの作品たち。北欧家具を代表するハンス・j・ウェグナーやフィン・ユールなどに比べれば知名度はありませんが、有機的で美しい曲線を多用した家具達は、デザイン性と実用性を兼ね備えており、日本をはじめ世界的に人気があります。当店のお客様で、それがヨハネス・アンダーセンとは知らずとも、選んだダイニングテーブルとチェアが実はヨハネス・アンダーセンだったなど、無意識にヨハネス・アンダーセンで揃えてしまったりするなど、デザイナーを知らなくてもはまる方にははまります。当店ではダイニングテーブルやチェア、たまにネストテーブルやチェストなどを買い付けていますが、何点かご紹介してみようと思います。

 

■ヨハネス・アンダーセンの生い立ち

1903年デンマークのオーフスにて生まれ。

1922年に家具職人としての認定を受ける。

1930年代半ばに自身の建築会社を設立、Trensum、CFC Silkeborg、Bramin、UldumMøbelfabrikなどの企業と協業しさまざまな家具を作りだした。

1991年没。

 

■ヨハネス・アンダーセンのUFOコーヒーテーブル

こちらはヨハネス・アンダーセンの代表作と言ってよいでしょう。よく北欧家具の雑誌などでもよく見かけます。1957年デザインの通称UFOテーブルやスマイルテーブルと呼ばれるコーヒーテーブル。現地のディーラーも『クレイジーだ』と嘆くほど近年価格が高騰しており、現地でもなかなか見なくなってきました。

が、その理由も実物を見ればよくわかります。笑っている口のような印象の収納スペース周りの丸みを帯びたフレームの曲線美は、高い技術力が必要な造形。贅沢に無垢材を使用した脚部はスラッと伸びて潔く上品なデザイン。木目の美しさも相まってお部屋の主役になること間違いなしです。

詳しくはこちら

■ヨハネス・アンダーセンのダイニングテーブル

こちらのダイニングテーブルも見つけるとつい買い付けてしまいます。北欧家具によくあるエクステンションテーブルは延長用の天板が丸見えなものが多いですが、こちらは側面から延長用の天板が見えずすっきりとしたデザイン。天板から脚にかけての曲線の美しさはヨハネス・アンダーセンらしさを感じます。6~8人で使用することができ、使用状況に応じて使い分けができるので、とても使い勝手のよいダイニングテーブルとして人気です。

こちらは片袖が伸びるタイプですが、両側が伸びるタイプやデザインが微妙に違うものなどいくつかのバリエーションがあります。

詳しくはこちら

■ヨハネス・アンダーセンのネストテーブル

 

ヨハネス・アンダーセンも直線的でシンプルなものをデザインしています。ただ、ハンス・j・ウェグナーやボーエ・モーエンセンなどのシンプルさとはまた違ったヨハネス・アンダーセンらしい上品さを感じます。特にこちらのネスト・テーブルは収納したときの美しさは俊一。彫刻作品のような上品さです。

詳しくはこちら

■ヨハネス・アンダーセンのチェア

こちらも現地で見つけると思わず買い付けてしまうチェア。さまざまなチェアをデザインしているヨハネス・アンダーセンのチェアの中でも個人的に特に好きな一脚。ヨハネス・アンダーセンらしさが存分に味わえます。まずやはり背もたれから座面にかけての美しい曲線。先端の丸みのある造形はなんともかわいらしく柔らかいデザイン。ついつい手でなぞってしまいます。後ろ足が背もたれを支える構造で、背もたれ中央部分にフレームがなくすっきりとしたデザイン。少しですがアームチェアのように肘を掛けられるので、リラックスしたいときにも使えます。テーブルに収納したときの後ろ姿も美しい人気のチェアです。

詳しくはこちら

■ヨハネス・アンダーセンのワゴン

こちらのワゴンもまさしくヨハネス・アンダーセンらしい曲線が美しい作品。接合部や取っ手部分の柔らかい丸みを帯びたデザインは、なんだかほっこりしますね。

詳しくはこちら

■ヨハネス・アンダーセンのネストテーブル

ヨハネス・アンダーセンはいくつものネストテーブルをデザインしておりますが、こちらのネストテーブルもまた格別な雰囲気の持ち主。丸みのある華奢な脚がすらっと並ぶ姿は、ひたすら美しいです。

 

■ビンテージ北欧家具は一点物

当時生産され市場に流通しているものしか存在しないビンテージ北欧家具は世界からバイヤーが買付に訪れるため、近年もなかなか状態と価格の見合うものが見つかりにくくなってきていますが、現地を駆け回って今後も皆様にご紹介できればと思っています。

 

北欧家具tanuki 北島

http://www.hokuokagu-tanuki.com/